素敵なTシャツの作り方 縫い方

良いパターン作り,人体工学を理解して 着やすいTシャツ,シルエットの美しいTシャツを作ります。
(殆どが理解していない レベルの低いTシャツと良いTシャツをリンクでお知らせ 解るでしょうか?)

裁断に 注意をして下さい
無地天竺、フライス、スムース等は差込が出来ますが、 鹿の子、ポンチミラノリブ、プリント、ボーダー柄は出来ません 初心者は袖の左右裁断も注意してください

最初は、前後身頃を中表合わせ
スピンテープを入れてオーバーロック  右肩後身頃(スピンテープを隠す考え)に2本針オーバーロックで縫いながらとりつける (
裏前身側にスピンテープを縫い入れて後ろ見頃縫い代倒しの押さえ金が一般的には多い)
右肩にスピンテープを入れて オーバーロック(縫い合わせは2本針オーバーロックです、一部コスト思考で1本針オーバーロックで組み立てるTシャツがる)

左肩は縫い合わせないでおく (最近 いっきょに左右の肩を縫ってからバインダーをするTシャツ、ランニングもあるが 首回りのバランスがこわれるのと 縫い止めが目立ってよくない、縫い工程上のコストダウン)、

襟回りのバインダーは 表上その左後身頃から、後ろ衿、右肩(縫代は後身頃に倒して)〜前身頃と回って左肩前身頃までかける、
バインダーには デザインの考えとミシンの用途で 様々ななバインダーと使い方がある
今回は2本針下振ミシンのために3折バインダー仕様、(バインダーには2つ折り、3つ折り、4つ折り等がある
いろいろのデザインをするための縫い見本帳販売あり


衿バインダーのとじは 右肩後に肩スピンを入れながら バインダーの合わせをキレイにして スピンテープ入り2本針オーバーロックで閉じる(
注意:バインダー合わせの縫い閉じの段差は・ズレは ミシンの構造をしることでなくなる(綺麗に縫うテクニックは経験者に聞くこと)

ネックポイントになる縫い代は スピンとロックのむだな糸を縫い代にたたみこむようにして 後身頃に倒して返し縫いをして 縫い止めをすること

(スピンの付け位置だが、昔は前身頃に縫い付けていたが、布帛からの考え方から、後身頃に縫い付けて、後に縫い代を倒す考え方が一般常識(欧米仕様)となっている、その場合スピンの幅が狭く薄いことが要とされる

身頃に袖付けをする場合  袖下(袖脇の縫い合わせ)と身頃脇縫い合わせをして 袖付け縫い上げる、表地から見て綺麗なクロス縫いになること。
(欧米のTシャツの脇下縫いは見頃と袖を縫いつけてから脇を縫い上げる)
袖口上げと裾上げを先に縫っておくとキレイな製品とみなされる。made in Japan の製品に多い。
後に袖、裾のヘム上をすると生地の重みで縫いづらい。(ヘム上げは2本針扁平か天地が一般的)



袖と身頃を筒状にしたときに天地縫い(ロック引きと言う)が縫いやすい

 熟練者は天地を最後にして、袖と身頃のアムホールの縫い合わせを してから天地をしたほうが、早く出来上がるでしょうが 慣れない人は袖と身頃を縫い合わせないで扱い易いときに天地をしたほうが綺麗に縫い上がるでしょう、、

 2本針オーバーロックでアムホールの袖付けをする この時 縫い目がクロス縫い・十字になっていることが技術としても 商品としても良い作りである (E)

       オーバーロックの針進は15mmのなかに7針とするのが一般的       本縫いにおいても婦人服は一般的には20mmに10針の考えでいる STにおいては30番糸では3mm間隔がよい

 2本針や他のミシンのかけ初めと、終わりのヶ所は 製品を置いた時につなぎ目が目立っては困るので、前身頃や後身頃の中心あたりではミシンをかけはじめたりはしない、そのため、脇縫い目で重なるようにして グルリと回って重ね縫いをしてきる、
そして、脇縫い目にそって 2本針の上を、「ほつれ止め」の本縫いで返し縫うをする(F
 これがあるのと無いのでは商品の評価が決まる

他には ヘム上げを先にしてから、縫い合わせる方法もある、よくあるのは 外国の安いTシャツで 袖口を先に上げてから、袖山のAHの縫い付けを平らな状態で身頃に縫い付けて、その後に袖から脇下にかけて、縫い合わせて、身頃を仕上る方法で作られている  しかし技術的に美しいのはジャケットの作り方のように最後に袖付けをすることです
袖口の縫い合わせロックの糸始末は ロック糸を後側に返して本縫いで返し止めをする

最近は ロックミシンをかけ始めたときに、自動的にロックの縫い代に糸端が入るバックタッカーミシンもあるが 縫代の倒れる方向が定まらなく 縫い目がよわいので 後身頃に片倒しで本縫いどめをすることを薦める、、

最後にネーム付けをして 糸始末を綺麗に処理をして
プレスをすれば 出来上がり!!!


 (記:Marey N) 

      、

肩合わせ 平らな上の状態で 袖付けをする方法は AHにステッチを入れる以外イージーなパターンと縫い方です
 高級な縫い方は脇も縫い合わせてから
アムホール(AH)を丸くして縫うのがハイレベルな技術です
いい商品は袖口と裾に このホツレ止めがしてあります ブランド物でもコレがしてないのもあるので洗濯をしたらホツレてきます
いいTシャツを作ろう 
 いいパターンを作ろう!  色々なミシンを知ろう! O・ファスナー付 3サイズパーカーのパターン販売
(縫製順序解説書付き)
   
  cutsew.co.jpに戻る
カットソー・立体裁断・縫製の本  著者西川真令  新刊書
 渋谷区代官山 蔦屋書店販売 
 @1800−

美しいバストシルエットのTシャツカットソー 
編地で行う立体裁断からのパターンはダーツが存在しないハイレベルな美しいシルエット、パターン作りと写真入りの解りやすく解説、
作り方順序は当然、縫製テクニックの解説と悪い製品、良い製品の見分け方をプロとしての指南、1枚の布で出来るマレイ式片玉縁ポケット、前立ての写真解説付き、プレス袋詰 Tシャツタンクトップ、裏毛パーカー、ポロシャツ作り製品上げまで 
上写真 左 スピンテープ 右は半透明のシリコンゴムのモビロン

デザイナーの知識のお伴
どの様なミシンを使ってデザインをするか?各種素材によって異なるカットソー用ミシン7機種以上の使い方と多種の縫い方、40年以上の経験とパリコレ等の豊かな縫製技術からくる
「縫い見本帳」を販売

(C)右肩スピンロックで閉じる
写真上() 袖を表に返して 左AHに合わせつけた状態
脇下から そで下十字縫いをきれいに縫い上げてから グルリと袖を付け縫いをオーバーロックで縫い上げる
Tシャツ、カットソーを縫い合わせるのは上2本針オーバーロックをしようする
)衿回りを包むように バインダーで縫い
肩は縫代を後に倒すためにスピンテープを後に縫い付けて縫代は後に倒して隠す(
cutsew.co.jpに戻る