素敵なポロシャツの作り方        





ポロシャツのデザインと作り方   (marey講義内容の一部から

デザイン的には前あきのデザインとパターンをどう考えるか
男明きと女明きは理解しておく 
一枚の前立て見返しで ボタンホールの上前見返しと釦付けの下前が一挙に
マレイ式前立縫い「行って来い」方式で縫い上げる(実習説明)
(@上前立て裏とA下前立てが1枚のパターンで作れる「いってこい」縫いシンプルで合理的プロ用仕立て)

衿の編み立てのデザインはどうするか 配色 ボーダー、ピコ 鋭角な剣衿、
ジャガード編みで色々のデザインが出来る。

編み立てない時は 共布か別布でのデザインがいいでしょう、ニットのかぎ針衿も素敵
鹿の子の身頃なら共布でなく 衿や袖リブは天竺かフライス等ですっきりとした変化をもたせる
ことが出来る、布帛の台衿シャツカラーも良いでしょう。

前開きを作る 
最近は左上前が男開き 右上前が女開きと決め付けなくなっているので 左上前でも女性が着ることが当たり前の考えになっています
  

芯を張るときに 下前はアイロンで折っておくと 鋏を入れると簡単に出来上がることが理解できる
「行って来い」で縫い上げて鋏を入れるだけ、簡単でプロ仕様。
明き止まりは古典的基本は小さなタックになるが 最近は見返しを見いせて縫い止まりがスッキリ見える。

スリットには色々なスリットがあるのでデザインを考えるのも面白い、
スリット部分をオーバーロックで「行って来い」縫い上げるのも熟練プロの仕様

中縫いスリット(昔のラコステが有名であったが最近は作られていない) 
 現物を見ても縫い方が理解しにくいスリット、縫い方見て納得のスリット
最近では折伏せスリットが一般的かと思うが
バインダーのスリットやテープも多い。
自転車に乗って着る人は段差スリットもデザインでしょう。

平袖縫い付けの脇の縫い方が安物か リブ始末一つをとっても、
袖付け縫いでも 高級感のあるポロに仕上げる事も考えられる

安物は後ろリブ倒しロック縫い目が袖口に見える
丁寧な縫い方はリブでもロック縫い目は見せない(実習説明)

衿回り テープで衿縫い代を隠せば高級志向だ。

※写真 
マレイの前立て見返しは上前立て、下前立てが1枚のパターンで美しく合理的に簡単に出来る。
前立てを中表にのせて「行って来い方式」で縫って ハサミを入れてきる
(授業実習にて)
あいた処の下前立てを折って 上前の見返しも出来上がりにセットしてみる 開き止まりのステッチは 見えないところの前立ての縫い代をキレイに整えてから ステッチで止める

胸ポケット
片玉・両玉縁ポケット
教科書にない ポケットの袋布1枚でできる綺麗で簡単な縫製ポケット作り
(講義実習で見て縫製して簡単マレイ式縫製片玉縁ポケット)

肩あわせスピンテープを入れて後ろ身頃側に縫い代を倒して このときのスピでも作り方が解かるから消費者は注意!^^ 2本針オーバーロックで縫い合わせる、(つぶしの2本針下振りは1本ロックで)

編み立て衿

衿止めテープは 薄い同色の天竺で作ることがおおいが、
高級ポロシャツなら編み立てテープを作って縫い代をおさえる 
袖口リブもロック糸が見えない折伏せならmade in Japanとしてはいいのでは、
上代が8000円以上なら適正で安い

編み立て衿は衿腰をパターン上に作ってに首周りにフィットさせて衿縫い付けをする。
首に添わせて返す衿、衿腰は1枚のパターンで作る技術を知ることが大切。

衿テープ押さえは 衿付け根から始まって 0,7〜8cmぐらいのステッチで衿付けテープを取り付ける

アムホールに2本針振ミシン等を入れる場合は 平で袖付けをするのがい一般的

2本針振りミシンなどのステッチを入れないときに 平で袖を縫い合わせて縫うのは技術的には低く安物になるので注意!

消費者は買った物を確かめてください 袖口のロックが見えるとか AHの縫い方、衿縫い代の技術で値段がきまる

Tシャツもそうだが袖付けが平縫いで 袖口がロックで片倒しなら興醒めする、しかし 本縫いで縫割は布帛しか知らないデザインで生地が伸びたときに糸切れがしてクレームになる、これは新興のデザイナーブランドに多いがデザイナーの勉強不足と言える、ニット(カットソー)・丸編みにはそれに適したミシンを知ることで評価がかわる。 

技術的に高級なものは 袖と身頃を筒状にして アムホールにそって袖付けをするのが一番いい商品つくりです 

もちろん脇下が十字縫いになっているか確かめよう^^

袖口の編み立てリブにあたるところは 本縫い片倒しで縫われているか 
確かめてみよう

本当にいいポロの作り方とは 袖のリブ始末でも解かる 
ロックで縫い合わされていれば ブランド物でもイージーな縫い方である最近その縫い代さえ後ろ身頃に倒して返し縫いをしてないところも多いので注意してみよう
編みたてみみを利用する       本縫いで輪っかにする
、このような配慮が「メイドインジャパン」でしょう。

袖口のリブは本縫いで縫われているか! そのあと袖と2本針オーバーロックで 丸く縫い合わされているか!    この事が 解かれば貴方もセンスは一流!

ポロの脇のスリットは縫い代折り返しステッチの場合 キレイな直角のステッチで折り返した縫い代が下から出ていないように縫いわれているかチェックしよう、、、

ニット用ボタンホール

ボタンホールはテープ入りか芯入りか 最近ボタンホールミシンの本縫い工程をしてからホールをするミシンでないとダメ! 

ボタンが直ぐに外れるようなら 安物!カットソーではこれが注意!!

釦付けもXのクロス付けが丈夫です 

プレスでは衿を押さえないように ふんわりと仕上げられたプレスがセンスを感じさせるのが良いブランド商品です


     
商品の本物志向をもう一度見直して買ってください!
  (記:m nishikawa)

 cutsew概要に戻る  cutsew.co.jp

バックボーンとしての marey 社会人は文化服装学院のオープンカレッジで実践実習指導

http://www.cutsew.co.jpに戻る